前へ
次へ

行政書士になる資格とは

行政書士試験は、総務大臣の指定試験機関として、都道府県知事より試験事務の委任を受けた一般財団法人行政書士試験研究センターが行っています。行政書士となる資格を持ち、行政書士名簿に登録しなければなりません。行政書士試験に合格した者弁護士・弁理士・公認会計士・弁理士のいずれかの資格を有する者公務員として行政事務を担当した期間と特定独立行政法人の役員・職員として事務を担当した期間が通算20年以上になる者いずれかの資格が、行政書士になる為に必要となります。資格を有する者が、行政書士名簿に、住所・氏名・生年月日・事務所の名称と所在地など日本行政書士会の会則で定める事項の登録を受け、行政書士となれます。名簿は日本行政書士会連合会に備えられ、登録も行っています。

top用置換

top用置換2
Page Top